アトピーに良い食べ物はポイント2つ!

アトピーは原因というものが未だに分かってい肌トラブル。

一般的に原因ではないかと言われているものが遺伝、生活習慣、ストレスなどがあるようです。

アトピーと食べ物には深い関係があり食べ物を改善する事で症状が和らいだというケースもよく耳にします。

アトピーに良い食べ物とは何でしょう?

アトピーに良い食べ物のポイントは2つ。

・和食の献立でヘルシーに

和食では刺身、煮魚、焼き魚と魚の献立が豊富ですよね。

魚にはDHA、EPAが多く含まれています。

これらはオメガ3系脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸の一つになります。

不飽和脂肪酸にはオメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸と3種類あり、アレルギー症状に影響を与えるのがオメガ3系とオメガ6系脂肪酸と言われています。

3種類とも生命活動をする上で必要な脂肪酸なのですが、摂取するバランスが大切となってきます。

例えば、オメガ6脂肪酸を多く摂りすぎてしまうと、血液がドロドロになりアレルギー症状を起こす物質が増え、アトピーを引き起こしてしまうのです。

理想はオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の比率が1:4。

オメガ6系脂肪酸は和食の基本である白米にも含まれており、その他油脂類にも含まれています。

ですのでバランスをとるために魚からオメガ3系脂肪酸を摂取できるとちょうど良いバランスになります。

・油を変える

アトピーのアレルギー症状の原因であるオメガ6系脂肪酸を含む油を見直す事が効果的です。

揚げ物でなくても油は意外と多く摂取しているものです。

《避けたい油》

・紅花油
・コーン油
・ヒマワリ油
・菜花油
・サラダ油

《摂取したい油》

・亜麻仁油
・えごま油
・オリーブオイル
・ココナッツオイル

おすすめの油は酸化しづらいのが特徴で、特に最近はやったココナッツオイルは母乳にも含まれる成分の「ラウリン酸」を含み免疫力を高めてくれる働きがあるのでお勧めです。

アトピー体質の方は食べた物がダイレクトに体に反映されるデリケートなタイプです。

意外と見落としがちな醤油、みそ、砂糖、塩、などの基本的な調味料を変える事も症状軽減になるようです。

是非お試しください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ