美白の応急処置!日焼け後のケアに効く食べ物

うっかり日焼けをしてしまった・・・という経験誰にでもあるのではないでしょうか?

そういった時の日焼け後のケアどうしていますか?

すぐに行うべき応急処置を覚えておけば肌のダメージも最小限で済み美白も可能です!

多くの人は肌の炎症を抑える日焼け後のケアを重視すると思いますが、体の内側からのケアを重視すると美白力もアップします。

紫外線を浴びてダメージを受けているのは顔だけではありません。
体幹部は服で覆われていたとしても首や手は露出していますよね?

そういったボディのケアにも内側からのケアは有効です。

《日焼け後に摂りたい成分》

日焼けをすると肌の上で活性酸素が大量に作られ、シミやシワ、サンタンの原因となります。

活性酸素を抑制する抗酸化作用のある栄養素を多く摂ることが効果的です。

・ビタミンC

カラーピーマン、パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、カキ、キウイ、イチゴ、オレンジ、レモン、のり、ジャガイモ、サツマイモ、など。

ビタミンCは熱で壊れやすいので火を通し過ぎないのが調理のコツです。
サラダやスムージーとして生で摂ると壊さずに摂取できますし、調理するならサツマイモがビタミンが壊れづらいのでお勧めです。

水溶性ビタミンの為に体内に溜めておくことができないので一度に多量に摂取してもあまり効果はありません。
3食にわけてコツコツと摂取しましょう。

・ビタミンA

レバー、春菊、ホウレンソウ、しそ、あなご、、人参、大根の葉、かぶの葉など。

ビタミンAは、油との相性がいいので、炒め物など油を使って火を通すと摂取しやすいです。

・ビタミンE

アン肝、たらこ、明太子、ホウレンソウ、アーモンド、ウナギ、うに、アボカド、いくら、いわし、など。

魚類とナッツ類に多く含まれますが、手軽に食べられるナッツならヘルシーなおやつにもなるのでお勧めです。

・リコピン

トマト、スイカ、カキ、グレープフルーツ、など赤い食べ物に含まれます。

特にトマトのリコピンは有効です。

油や牛乳と一緒に摂取すると吸収されやすい特徴があります。

これらの食べ物は日焼け後のケアに有効なのですが、日常的に気を付けて摂取することで美白力もアップします!

この食べ物を覚えておけばうっかりしてしまう日焼けも怖くないはず!?です^^

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ